無料はがき用素材ランキング

年賀状素材ランキング

転居はがき用素材ランキング

暑中見舞いはがき用素材ランキング



OpenOfficeでの文面作成 (文書ドキュメント) 縦書き

この項目では、前項「OpenOfficeでの文面作成 - 文字入れを行う - 1」に引き続き、
文書ドキュメントでの画像への文字入れを行う方法をご紹介します。

文章でご紹介すると長くなってしまいますが、実際に行ってみると意外と簡単に出来るものです。
同様の操作をしながらご覧いただけるとより分かりやすくなります。

OpenOfficeでの文面作成 - 文字入れを行う - 2

前項、「OpenOfficeでの文面作成 - 文字入れを行う - 1」の続きです。

※手順の紹介で使用している画像は縮小してあります。
画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。

※サンプル:年賀状

前項に続き、OpenOfficeでの文字入れの方法をご紹介します。
前項までの手順で下の画像のようになっていますが、次は差出人の住所・氏名を入力します。

OpenOfficeでのはがき作成

まずは差出人住所の入力からご紹介します。

OpenOfficeでのはがき作成

前項の手順と同様の手順で文章入力フィールドを作成します。
今回は住所なので少し大きめの枠です。
枠ができあがったら、文章(住所)を入力していきます。

OpenOfficeでのはがき作成

文書(住所)の入力はこれで完了です。
続けて前項と同様、書体を変更します。

前項とは違い、住所で使用するハイフン「-」がDHP行書体ではうまく変換してくれないので、
番地は1文字ずつドラッグで反転させて書体を変更します。

OpenOfficeでのはがき作成

ハイフン「-」を除外して書体を変更していきます。
住所の部分は全てドラッグして変更可能です。

OpenOfficeでのはがき作成

書体を選択し、DHP行書体に変更すれば書体の変更は完了です。

次に見栄えを調整します。
番地の部分にスペースを入れ、住所の左下部に番地が来るようにしても構いませんが、
ここでは1行で収まりそうなのでサイズを変更して1行にまとめてしまいます。

文書入力を終了(画像の任意の場所をクリック)し、再度住所の部分をクリックします。

OpenOfficeでのはがき作成

サイズ変更が可能になりますので、最初と同様ドラッグでサイズ変更を行います。

OpenOfficeでのはがき作成

1行に収まるところでドラッグを終了しました。
これで見栄えの調整は完了です。

次に氏名を入力するために、文書入力フィールドを作成します。
「T」が縦になったアイコンをクリックし、任意の大きさにドラッグします。

OpenOfficeでのはがき作成

少し左に寄ってしまいましたが、位置修正は後ほど行いますので、まずは大きさだけ決定してしまいます。

OpenOfficeでのはがき作成

氏名の入力がが完了しました。
書体の変更はこれまでと同様の手順ですので、省略します。

次に文字の大きさを変更してみましょう。
書体設定の横にある数字の窓をクリックします。
初期状態では12になっています。
入力が氏名ですので拡大していますが、逆に縮小も可能です。

OpenOfficeでのはがき作成

ここでは文字サイズを「12」から「16」に変更します。

OpenOfficeでのはがき作成

サイズ変更が完了しました。
また、その隣にある「B」は太字になりますので、より強調することができます。
また2行になってしまったのでサイズ変更を行います。

OpenOfficeでのはがき作成

サイズ変更をしている際にお気づきかも知れませんが、アイコンが矢印から四方への矢印に変わっています。
これは位置調整を行う際のアイコンです。
四方が矢印になっている状態で全体的なバランスを見ながら入力した文字の位置をずらしていきます。

OpenOfficeでのはがき作成

位置の修正も完了しました。
あとは印刷するのみです。

印刷せず保存だけしておきたい場合は、ファイル→名前を付けて保存で保存可能です。
次回は保存したファイルをダブルクリックすることで追記を行ったり印刷ができます。

OpenOfficeでのはがき作成

年賀状の完成です。
お疲れさまでした。


おすすめはがき作成ソフト